signature Blog

レディーススーツTOP > 

Signatureブログ > 

正しい衣替えの仕方

正しい衣替えの仕方

**Signarue Ginza Blog**

 

みなさま、こんにちは。

銀座店の嶌野です。

 

暖かくなってきてお出かけ日和…

ではありますが、おでかけするわけにも行かないこの頃ですが

みなさまはどうお過ごしでしょうか。

 

この機に衣替えをされた方も多いと思いますが

季節はずれになってしまっているスーツやコート

ジャケットはどのように保管していますか?

 

本日はクローゼットの中での収納方法をお話いたします。

 

 

収納中にスーツが痛む原因は主に4つ

 

・虫食い

・カビ

・変色

・型崩れ

ただ、きちんと収納すればそのリスクも減らせます。

 

収納の準備とクローゼットの使い方のポイントを

おさえておきましょう。

 

 

①かならずキレイにしてからしまう

 

ランドリー

 

汚れが残ったままのものは

虫食い、カビ、変色の原因になります。

目に見える汚れがなくても

きちんとクリーニングに出しておきましょう。

お家でお洗濯するアイテムも収納前にしっかり洗い、

湿気が残らないようによく干してください。

 

②スーツ・コートは厚めのハンガーへ

 

 

 

型崩れしないよう、厚みのあるスーツ用

ハンガーを選びましょう。

スーツ用のハンガーは男性用のもののほうが

たくさん種類がありますが、

肩幅が合わないので、女性用を選びましょう。

 

 

③クローゼットの湿気を追い出す

 

洗濯

 

収納時の湿気は大敵。カビ、虫食いの原因にもなります。

衣替えは晴れた日がベター。

もちろん、市販の湿気取りなども有効です。

 

 

④防虫剤を活用

 

防虫剤

 

衣服を食べる虫は意外とグルメで

高級素材(カシミヤなど)がまっさきに狙われます。

クローゼットに防虫剤を入れるのはもちろんですが

特に気をつけたいものには、ポケットに防虫剤を入れると◎

 

ただし素材によっては防虫剤の成分がシミになることも…

防虫剤の注意書きはかならずチェックしてくださいね。

 

⑤風通しをよくする
スーツの保管

 

 

クローゼットも「密」はNG。

密閉・密接を避けて保管します。

クリーニングのビニールは必ず外します。

カバーをかけるなら通気性のあるものを。

 

詰め込みすぎも通気性の低下や型崩れを招きますので

なるべく避けるようにしましょう。

 

⑥光を当てない

 

クローゼット

 

光があたり続けていると衣類は日焼けしてしまいます。

真っ暗である必要はありませんが、

直射日光のあたる環境で長期間保存するのは避けてください。

 

色々書きましたが、

・キレイにして

・湿気と虫に気をつけて

・潰れないように

しまっていただければOKです。

 

せっかくの大事なお洋服、

来ていない間にダメになってしまっては勿体ないので…

衣替えがまだの方はぜひ、参考にしてください。

 

**営業日・営業時間の変更について**

新型コロナウイルスによる緊急事態宣言に伴いまして

営業日・営業時間を変更しております。

 

5月19日(火)短縮営業 12:00~19:00

5月20日(水)休業

5月21日(水)以降は当面の間

短縮営業12:00~18:30 (休業日なし)

 

詳しくはこちら

【営業日・営業時間のお知らせ】

ショップリストからもご確認いただけます。

女性スタッフ不在の場合、ご納品や下見などは

Tailor Fukuoka男性スタッフが対応致します。

**Instagram 更新中**

 #leitosignature 

皆さまからの≪フォロー/いいね!≫

お待ちしております。

 

 

PAGETOP
2021年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

RSS