signature Blog

レディーススーツTOP > 

Signatureブログ > 

made in Japanのスーツ。

made in Japanのスーツ。

** Signature Aoyama Blog **

 

こんにちは、

青山店の山田です。

 

・・・やっと棚卸が終わりました!ふう。

一息ついたところで

せっせとBlogを書いてます。笑

 

 

さて、先日 嶌野から上質なイタリアンファブリック

トレーニョ-Tollegno-の紹介がありましたが

本日は私から、made in Japan についてお話しを。

 

まず初めに。私たち、Signatureのスーツ・シャツは

すべての縫製を日本国内で行っております。

 

皆さまをカウンセリングさせて頂いたのち、

お客様一人ひとりの寸法を記したオーダーシートを

生地と付け合わせて、工場へ送ります。

そして、到着したシートを基に

生地を裁断し、工場のスタッフが一着一着、

デザイン・寸法をしっかりと確認しながら

縫製してくださっています。^^

 

実は、私たちも普段

縫製工場へ足を運ぶ機会が少ないのですが

機会があり工場見学へいくと、

黙々とミシンを踏む縫子の皆さんの背中が

印象的だったりもします^^

 

 

そして・・・

縫製だけではなく仕立てるスーツ生地にも

【国産生地・インポート生地】と種類・特徴があります。

ばっくりお話すると

程よい生地のかたさ(ハリ感)、落ち着いた色合い(大人しい)が

特徴なのが国産生地。

それに対し、インポートものの生地は、

やわらかさ(軽さ)があり、鮮やかかつ光沢のある色合いが特徴。

 

 

・・・実のところ、良し悪しつけるのは難しく、

お客様個人の着用シーン(どれくらいの頻度で着用するのか)、

やわらかく、軽い方が良い!、

いや、ハリ感があってシワになりりくいものが良い等の

着心地の好みで、おすすめする生地も変わってきます。

 

 

ただ、一つ私からお伝え出来ることは、さすがは日本!

インポートものの良いところを取り入れ、

かつ、国内の「ものづくりの良さ」は消さない。

結構いい仕事しているなぁ、

と思う、ここ数年の国産生地クオリティーです。

 

※なかでも、私のおすすめ生地がコチラ。

・・・長くなりそうなので^^;詳しくは次回ブログで^^

navy madeinjapan

 

navy madeinjapan

【Basic line】\43,000- (+tax)

 

 

私たちオーダー業界は、

すでに秋冬シーズンにシフトしておりますが

まだまだ春夏ものや合物もご用意しております。

特に、国産生地については

前述の通り、しっかりとしたハリ感のある生地が多いので

仕上がり予定の9月下旬ごろからでも

約1か月くらいはご着用いただけるのではないでしょうか。

 

ぜひ、スーツをお考えの方は、

国産生地で「日本」を体感してみてください。笑

made in japan

 

それでは、皆さま暑さに負けず!

お盆前の一週間、ラストスパートです。^^

 

PAGETOP
2021年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

RSS