signature Blog

レディーススーツTOP > 

Signatureブログ > 

数量限定 Silk100%の裏地

数量限定 Silk100%の裏地

**Signature Shinjuku Blog**

 

こんにちは。新宿店の北條です。

本日ご紹介するのはこちら。

 

Silk100%裏地

Option ¥12,000

Silk100%裏地

Option ¥12,000

スカーフ?・・・ではなく

ジャケットの中に付ける「裏地」なんです。

 

Silk100%裏地

Option ¥12,000

 

最近入荷したばかりのシルク100%の裏地で

今までにない華やかな色柄の裏地が揃っています。

見た目だけでなく肌触りも抜群。

ぜひ気になった方は、店頭にてご覧ください!

 

ところで、スーツに限らず、ジャケットやパンツ、

スカートなどに必ずついている裏地ですが

そもそもどんな役割があるのかご存知でしょうか。

「脱ぎ着する際に、滑りが良くなる」というのが

一般的かと思いますが、それだけではないんです。

 

表布の傷みを防いでくれることや、

保湿効果を高めてくれること、

着用時の型崩れを防ぐなど色んな役割を担っています。

 

また、裏地として使われる素材は

キュプラ、シルク、ポリエステル、ナイロンなど

いくつか種類があります。

 

私どもで取り扱っているのは

主にポリエステル、キュプラ素材の裏地と

今回入荷したシルクの3種類です。

 

素材によって特徴も異なります。

■ポリエステル

シワになりにくく、摩擦に強い。

吸湿性は低いですが、すぐに乾くというメリットがあります。

逆に蒸れやすく静電気が起きやすいというデメリットも。

しかし、最近は静電気を防ぐ機能性ポリエステル裏地も

出ているそうです。

 

■キュプラ

コットンの種の周りについていう産毛を原料にしています。

肌触りが良く、通気性・吸湿性にも優れ

静電気を抑えてくれるだけでなく、

これからの時期は花粉の付着も防いでくれます。

シルクに似た上品な光沢感を持ち、肌触りも抜群です。

 

■シルク

光沢感としなやかさがあり、

繊維の中で最も染色性に優れた素材の一つです。

肌触りの良さや静電気が起きにくいこと

保温性、吸湿性の高さが特徴。

デメリットはデリケートさ。

摩擦に弱く、紫外線に当たると黄変し、強度が低下します。

 

今回ご紹介させて頂いたシルク100%裏地は

とっておきの一着に付けて頂くのがおすすめです。

ベーシックな色柄の服地を選ばれた際に

裏地は思い切って

華やかなものを合わせてみてはいかがでしょうか?

 

※価格は税別表記

 

**女性スタッフ不在日について**

【新宿店・銀座店・青山店】不在日なし

ショップリストからもご確認いただけます。

女性スタッフ不在の場合、ご納品や下見などは

Tailor Fukuoka男性スタッフが対応致します

 

**Instagram 更新中**

 #leitosignature 

皆さまからの≪フォロー/いいね!≫

お待ちしております。

PAGETOP
2021年8月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

RSS