signature Blog

レディーススーツTOP > 

Signatureブログ > 

Signatureのシャツがきれいに見える理由

Signatureのシャツがきれいに見える理由

**Signature Ginza Blog**

 

みなさま、こんにちは。

銀座店の嶌野です。

 

本日はSignatureのオーダーシャツについてです。

Signatureのシャツ、形はベーシックながら

どことなく「きちんと感」が漂っています。

このきちんと感、

実は細かいこだわりの上に成り立っているのです。

 

マニアックなお話ですが、その秘密をお話いたします。

 

①シルエットがきれい

最初にして最大のポイントはそのシルエット

体に合ったものでないと「きちんと感」は出せません。

 

近い体格のひとでも、そのひとによって体型は様々。

スリーサイズ、腕の長さや太さ、筋肉の付き方…

まったく同じ体型のひとはいません。

だから、既製服の場合は多くの人が着られるように

少し余裕を持って作られていることが多いんです。

 

 

しかしSignatureのシャツはその必要がありません。

合わない箇所は調整すればいいので

不要な余りの出ないようにジャストサイズで設計できます。

 

②素材に合わせた副資材

「副資材」、シャツでいうと「芯地」です。

衿、カフス、フロントボタン部分など

ハリをもたせて崩れないように芯を入れていますが

 

素材やデザインによって芯を変えています。

 

コットンポリエステル・形態安定コットンは

ホームケアがしやすいように

シワになりにくい表地に貼り付けるタイプ。

柔らかな素材感を楽しめる

ハイクオリティコットンやリネンは

接着せずに縫い止め、生地の風合いが活きるように。

そのシャツが一番きれいに見える

芯をセレクトして縫製しています。

 

③衿・カフスのコバステッチ

細かいですがこれも大事なポイント。

衿を縁取るステッチが衿のキワぎりぎりに縫われています。

(コバステッチといいます)

 

Signatureでは去年、シャツをリニューアルしました。

リニューアル前は「コバ」ではなく

一般的な少し内側を縁取るステッチでした。

 

衿2

 

そしてこちらがリニューアル後のもの。

 

衿

 

ステッチの位置が変わったのがおわかり頂けますでしょうか?

縫製の難しい「コバステッチ」は

よりキレイめでエレガントな印象を演出してくれます。

 

他にもポイントはたくさんありますが

こんな細かいこだわりの積み重ねで

「なんとなくきちんと感があるシャツ」

に仕上がっています。

 

細かいところまで見てほしい!とは言いません。

ただ、意外とこだわっているんだな、と

知っていただけたら嬉しいです。

 

 

**営業日・営業時間の変更について**

新型コロナウイルスによる緊急事態宣言に伴いまして

5月7日(木)~5/20(水)までの期間

週4日(月・火・金・土)のみ短縮営業致します。

※いずれも女性スタッフは終日出勤しております。

詳しくはこちら

【新型コロナウイルスの影響による営業日・営業時間のお知らせ】

ショップリストからもご確認いただけます。

女性スタッフ不在の場合、ご納品や下見などは

Tailor Fukuoka男性スタッフが対応致します。

 

**Instagram 更新中**

 #leitosignature 

皆さまからの≪フォロー/いいね!≫

お待ちしております。

PAGETOP
2021年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

RSS