signature Blog

レディーススーツTOP > 

Signatureブログ > 

リクルートスーツのサイズ感について考える

リクルートスーツのサイズ感について考える

**Signature Ginza Blog**

 

みなさま、こんにちは。

銀座店の嶌野です。

 

今回は前回に引き続き、リクルートスーツについて。

オーダーショップらしく、サイズ感を考えてみようと思います。

 

リクルートスーツ

 

さてさて。

リクルートスーツの場合、なによりも「キチンと見え」が大事ですよね!

ぶかぶかのスーツを着ていたらだらしなく見えてしまいますし、

ぱつぱつのスーツでも品がありません。

 

しかし、普段着なれていないスーツのサイズ感はイメージがつきにくいですね。

特にジャケットは見た目の印象を左右しますが、

適正サイズはわかりにくいもの。

 

スーツのジャケットとして個人的に気をつけていただきたいのは

「肩幅」・「袖丈」・「身幅」

の3つです。

 

まず第一のポイント、肩幅。

じつはここがスーツの最重要ポイントです。

 

 

スーツの肩幅

 

ちょうど良い肩幅のスーツは

二の腕からちょうど上がった位置に肩先が来るくらいが目安。

 

スーツの肩幅

 

この写真のように、さわった時に指が大きく沈み込むようなら

肩幅の余っている状態です。

 

スーツの肩幅

 

こちらは逆に肩幅が足りない状態。

ちょっとわかりにくいですが、肩先がスーツの肩幅に収まらず

外に飛び出てしまっています。

 

肩幅はスーツの見た目だけでなく

着心地にも影響するポイントなので気を付けたいですね。

 

 

続いては袖丈。

レディースのスーツは、「ココが正解!」という丈は

決まっていませんが

きれいに見える範囲はこのくらいです。

 

袖丈

 

上の写真はちょっと短め。

シャツが1cm~1.5cm覗く程度です。

 

 

こっちは逆にちょっと長め。

親指の付け根から2~3cm上くらいでしょうか。

これより長くなるとちょっと長すぎてしまい

きれいには見えません。

 

 

そして最後に幅ですが。

リクルートスーツ、という目的を考えると、

ボタンを留めてもきれいにみえるサイズがいいですね!

 

肩幅さえきちんと合っていれば

身幅は少々大きめでも問題ありません。

むしろタイトにしすぎてしまうと

ボタンを留めたときのぱつぱつ感はどうしても出てしまいます。

 

ジャケット身幅

 

上の写真はぱつぱつ気味ですね…

 

 

ジャケット身幅

 

レディースのスーツだと

ボタンの掛けジワを完璧になくすのは難しいですが

「頑張ってボタンを留めてます」感が出てしまうと

あまりエレガントではありませんので

ボタンが引っ張られていないくらいのサイズが目安です。

 

もちろん、オーダーでお仕立ていただく際には

キチンと確認してオススメのサイズ感でお作りさせていただきます!

 

サイズでお悩みの方はぜひ、ご相談ください。

 

**Instagram 更新中**

 #leitosignature 

皆さまからの≪フォロー/いいね!≫

お待ちしております。

**女性スタッフ出勤表**

女性スタッフが不在の場合はTailor Fukuoka男性スタッフが

対応させていただく場合もございます。

ご来店前にこちらより女性スタッフの出勤状況のご確認をお願いいたします。

女性スタッフ不在時でも下見などお気軽にご来店頂けます。

 

PAGETOP
2019年8月
« 7月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

RSS